子供ってあっという間に大きくなっちゃいますよね。我が家も、ついこの間まで年少さんだと思っていた下の子が、今年小学校に上がりました。月日が経つのは早いものです。年はとりたくないですねぇ…!

我が家には小学校3年生のお姉ちゃんと、前述した小学校1年生の弟がいます。この間クローゼットの整理をしていたら、出てくるわ、出てくるわ、子どもたちの洋服が!我が家では、お姉ちゃんのサイズアウトした服はとりあえず下の子に着させています。ピンクのお花の柄であろうと、女の子のキャラクターが描かれてあろうと関係ありません!元々、男の子でも女の子でも着られそうな服を選んで購入しているので、お姉ちゃんのお古を弟君が着てもそれほど変ではないのです。

それでも弟君が着れなくなった服はどうするかというと、とりあえずママ友で必要としている人がいるか聞いてみて、「欲しい!」という挙手があれば、お譲りしています。子どもってあっという間に大きくなるから、服が傷んでないんですよね。結構新品に近い状態のものもあるから捨てるのがしのびない。だからママ友にあげるようにしていますし、もし親戚で小さな子供がいたらあげていたと思います。

残念ながら、親族に我が家の子どもたちよりも幼い子がいないので、いらなくなった服をあげるわけにはいかないのですが、ママ友に聞いてみると、やっぱり親戚に必要な人がいればあげているみたいですよ。

私の場合、ママ友でもあげる人が見つからなかったら、メルカリで売っています。メルカリだとアッという間に売れちゃうんですよねー。すごく助かります。ママ友の間では子どもの服以外にも、おもちゃや絵本なんかも売っているみたいで、メルカリはママに優しいサイトだと思っています!

だって、ママになると子どもが中心になって、自分にお金をかけることができなくなりますよね。お小遣いがほしいけど、仕事に出るわけにはいかないから、メルカリとかで少しずつ稼ぐしかないことないですか。ママ友はメルカリ以外にもバザーに出したり、あとは古着屋さんに売ったりしています。リサイクル品を扱っているお店って多くなってきましたよね。しかも実店舗だけでなく、ネット上で営業しているお店も増えてきていて、こういうお店もママに優しいお店だなと大歓迎しています。

私は、実はママ起業家でして、手芸が得意なので、小物を作ってネットで販売しています。なので、弟君のお古が、汚れていたり、破けていたりして、ママ友にあげたり、メルカリやリサイクルショップに売れない時は、綺麗な部分だけ切り取って、その布地を使って小物を作っています。

端切れを使った小物を作るのは結構楽しいですよ。例えばテディベアを作ったり、きんちゃく袋を作ったり、子どものお稽古用のバッグを作ったりして、それをネット上で販売しているんです。もともと布地の仕入れ価格なんて無料だから、販売価格は全然高くないです。だから正直いってそんなに儲かってない…。でも、とにかく楽しいんですよ。人間は何かを創造するのが、やっぱり楽しみになると思いませんか!?私は、子どもがいても何か収入が欲しいなと思って、ネットショップを始めました。軌道に乗るまで、しんどかったですが、最近、ようやくお客さんができてきて、少しずつですが売り上げが出てくるようになりました。趣味でやっていることが、収入になるのって素敵だと思っています。しかも、捨てる予定だった子どもの服が、こうやって誰かが喜ぶアイテムになるし、またそのアイテムを作っているのが自分だったりするので、楽しみながら、ショップの経営をしているんです。

あと、子どものグッズだけでなく、実は犬のグッズも販売しています。我が家には2匹の柴犬と2匹の保護犬がいて、その犬たちとの生活も滅茶苦茶エンジョイしています。その子たちのリードとか、お洋服とか購入していたら、結構お金がかかるんですよ。それで、子どものお古から端切れを作ってそれで犬用グッズを作ってみたら、これが結構好評だったので、今ではネットショップの主力商品になってきています。

子どもの服って、着ることができる期間ってあっという間じゃないですか。まだ着られる状態であれば、お友達や親戚にあげるのが良いと思いますし、リサイクルショップやバザーに出すのもありだと思います。また、私のように何か作るのが好きな人であれば、ネットショップを開設するのもありだと思いますよ。だって最近は、ネットショップを簡単に開設できるBASEとか、WIXとかがありますからね。ああいうサイトを使えば、プログラミングの知識が不要で、素敵なサイトを作ることができますよ。ネットショップを作るのに、ウェブサイト制作会社に頼んでいたら、お金がすぐに無くなっちゃいますからね。BASEやWIXなら、無料でネットショップを開くことができるのでおすすめです。もちろん一部有料のところがありますけど、無料の範囲内でも十分素敵なサイトが作れますよ!

もし子ども服を何が何でも売ろうと思わないのであれば、寄付するという方法もありますよね。慈善団体に送るのも良いですし、全く慈善事業ではない業種でも、時々衣服の寄付を募っていることがあります。慈善団体の場合は、新品か新品と同等の服でなければ受け取ってもらえないことがあるので、慈善団体に子ども服を送ろうと思うのであれば、送る前に確認しておくことをおすすめします。その他の業種で、子ども服など衣服を送るようにお願いされている場合は、新品にこだわっていることは少ないです。でもやはりエチケットとして、送る衣服は状態が良いものを送ってあげるべきですよね。全国から集められた衣服は、海外の恵まれない人にプレゼントされることがあります。やはり着なくなった子ども服が、恵まれない状態にある子どもたちに届くと思うと嬉しいですよね。

国内でも物々交換をするサイトというのが出てきていて、ママ友の間でかなり話題になっています。子ども服のレンタルシェアサービスKIDROBEは、残念ながら、2022年7月でサービスを終了してしまうので、もし利用したいと思っているのであれば、早めにチェックしておくことをおすすめします。

子ども服の物々交換「Lynks」はサービスを続けているので、長期で利用したいと思うのであれば、こちらのサイトをチェックすると良いですよ。着なくなった子ども服を送るだけで寄付が成立します。子ども服を送る発送費はかかりますが、それで誰かが喜んで着なくなった子ども服を着てくれたら嬉しいと思いませんか?もし、お住まいが福岡市とか、九州地方であれば、お近くに子ども服を回収するサービスをしてくれる店舗があるので、そちらに持ち込んでも良いでしょう。服を持ち込めば発送費はかかりませんし、衣服のお直しの割引券など特典がもらえることがあるので、お近くに回収サービスをしてくれる店舗があれば利用しない手はないでしょう。ちなみに回収パートナーは誰でもなれるそうなので、子ども服の寄付に興味があるなら、チャレンジしてみると良いかもしれませんね!

子ども服が欲しい人は、公式サイトから欲しい服を見つけて申し込みをし、料金を支払うだけです。一度に購入できるアイテムの数は20個までなのですが、冬用のコートなどはかさばってしまうので、パック数が2個になる可能性があり、そうなると送料が2個分になるので注意してくださいね。

Lynksは無料で会員登録ができて、誰でも利用できます。1つのアイテムにつき税込み330円の検品料金がかかりますし、プラスして送料がかかりますから、利用する際は金額をチェックしてください。クレジットカードで決済する場合は手数料はかかりませんが、コンビニ決済をすると税込み110円がかかるので、賢くショッピングするならクレジット決済をおすすめします。

Lynksでは子ども服の他に、おもちゃとか絵本、子ども用水着、マタニティ用品など、ママとお子さんが喜ぶアイテムが豊富に揃っています。子ども用の水着やドレスなんて、その時にしか着れないですよね。来年には大きくなっちゃうから。ちなみに私が小さかった頃の水着を私の母はずっととっておいて、なんと私の子ども(母からしたら孫)に着せていました…!確かにデザインや色がとても可愛くて、ちょっとレトロな感じの水着だったので、とても目立って良かったのですが、うん十年も子どもの水着をとっておく、母親ってすごいなと思ったしだいです。

私の母親は特異な例として、ほとんどの場合、一度しか着ることができなかった水着やドレスなどは、さっさと寄付してしまった方が気持ちが良いですよね。そのようなアイテムこそ、Lynksでは喜ばれると思いますから、どんどん送ってあげましょう!

それからマタニティ用品っていうのもその時しか使用しないアイテムですよね。もちろん下着とかは未使用で、未開封のもの限定ですから、間違っても自分が身に着けた下着を送るのはやめてくださいね…!そういうものではなくて、育児用品とか、子どものおもちゃ、絵本なども、ママさんたちに喜ばれるアイテムです。状態が良いものであれば、受け取ってもらえるはずなので、ぜひ送ってあげてくださいね。日本って物が豊かにありすぎて、感謝の気持ちを忘れがちになっていますよね。日本人特有の「もったいない」精神を発揮して、子ども服のリユースを考えてみてくださいね!


Lynks:「欲しい子ども服」をおさがりでもらうことができ「着なくなった子ども服」を簡単に寄付することができるサービス。

関連記事

  • プロ直伝!靴(革製品)の手入れ方法
    プロ直伝!靴(革製品)の手入れ方法

    革靴は日ごろのケアが大切。定期的にケアすれば、何年あるいは何十年も履くことができます。革靴(革製品)の手入れ方法を学ぶと、バッグや財布など他の革製品もケアできるようになりますよ。どんなふうにケアすればいいか分からないという初心者さんで...

  • Shopifyの商品一覧で商品名が長すぎる場合に自動で短くする方法。
    Shopifyの商品一覧で商品名が長すぎる場合に自動で短くする方法。

    こんにちは、Furukaitenのシステムスタッフです。当店の店名「Furukaiten」って読みづらいですかね?実は由来は「古着を世の中にもっと循環させたい」という想いから⇒「古着を回転」⇒「ふるかいてん」という流れで決まったらしい...

  • 今更聞けない!古着とヴィンテージの違いを軸に、古着の概念を考察してみた。
    今更聞けない!古着とヴィンテージの違いを軸に、古着の概念を考察してみた。

    正直言って私、18歳になるまで古着なんて着たくないと思っていました。だって、どこの誰か知らない人が着た服を着るなんて考えられなかったんです。今から25年以上も前のまだ何も分かっていない年頃の私ですから、古着に価値があるなんて知らなかっ...

  • レインウェアの撥水効果を蘇らせる。ニクワックス(NIKWAX)
    レインウェアの撥水効果を蘇らせる。ニクワックス(NIKWAX)

    ニクワックスとは? ニクワックスは株式会社エバニューという国内メーカーの商品です。肉のワックスではありません(笑普通の洗剤や撥水剤では機能性が損なわれてしまうゴアテックスなどの防水浸透性素材のアウター、防水性のあるウェアやギアの撥水効...

  • 大人女性におすすめな古着の選び方☆
    大人女性におすすめな古着の選び方☆

    最近「古着女子」という言葉が流行るほど、ユーズドとかヴィンテージの洋服に注目が集まってきていますよね。古着が持つ独特のデザインやレトロ感が若い人にうけているみたいです。 ですが、ユーズド品が安っぽく感じたり、大人の自分に似合うものがあ...

2022年/5月/16日 — ECstaff

コメントを残す