衣類を購入する場合、新品でなければ嫌だという人もいれば、状態が良ければ中古でも問題ないと感じる人もいますよね。リーズナブルに購入できるという理由で、古着を好む人もいます。古着に対してどんなイメージを持つかは人によって異なるものの、中にはマイナスイメージを持っている人も少なからずいるかもしれません。
それでは、古着への抵抗感を作り出している理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

1つ目の理由は、前に来ていた人が伝染性の皮膚病を持っていたかもしれないという懸念があげられます。もちろん、皮膚疾患を持っていた人が着用していたとしても、洗濯やアイロンをかけていれば全く問題ありませんし。それに、ショップの中には、店内で販売されているアイテムに関しては、古着と言っても洗濯機と乾燥機にかけていることもあります。そのような処理をしていなくても,安全性はとても高いのですが、もしも気になるなら衛生面で丁寧なケアをしているショップを利用すればよいでしょう。

正しい情報を持っていない人の中には、残念ながらそうした間違った情報をうのみにして古着に対して良いイメージを持っていない人もいます。しかし誤解が解ければ、古着に対するイメージはアップするかもしれません。

2つ目の理由は、遺品の可能性があるという懸念ですね。実際に、遺品回収ビジネスがありますし、亡くなった故人が生前に着用していた衣類が、古着として販売されることは、確かに存在します。しかし、亡くなった人が生前に着用していた衣類だから縁起が良くないとか、なんとなく不気味だと考えてしまうのは、いかがなものでしょうか。

3つ目の理由は、中古の衣類は古びれたイメージがあるというものです。古着と言っても、状態は様々です。数回しか袖を通していないものも、新品未使用でなければ古着というカテゴリーに分類されるでしょう。しかし数回しか着ていなければ、状態はほとんど新品同様ですし、型崩れもしていないでしょう。シミや汚れがついていない可能性も高いのではないでしょうか。

古着の中には、もちろん着古したものもあります。しかしそうしたものは、販売というよりは寄付されることが多いですし、ネットで販売されることはあまり多くはありません。

4つ目のイメージは、タバコのにおいや腋臭のにおいなど、着用していた人の生活臭や体臭が染みついているのではないかという懸念があります。古着を販売するショップの多くは、こうしたニオイについては気を遣っています。ニオイが強烈な商品に関しては、洗濯をしてニオイが取れなければ販売しないという選択をするショップもたくさんあります。

特に腋臭に関しては、ニオイだけでなくわきの下などにとれない汗ジミが残っているケースが多いため、購入した後に気づいてがっかりするというケースは少ないでしょう。

古着に対してマイナスのイメージを持つ人は、あえて古着を購入する必要はないかもしれません。しかし古着の魅力や良さが分かると、そうした懸念やデメリットが吹き飛んでしまい、気に入った古着と出会える前のプロセスが楽しくなりますし、おしゃれな衣類をリーズナブルに購入したというお得感が病みつきになってしまうことも少なくありません。

それでは、古着に対してマイナスのイメージを持っている人は、どのようにしてイメージを克服したらよいのでしょうか?

1つ目におすすめの方法は、利用するショップを厳選するという方法ですね。古着の取り扱い方や販売基準は、ショップによって大きく異なります。持ち込まれた衣類を、洗濯もせずに陳列して販売するところもあれば、洗濯してアイロンがけをしたうえで、補修が必要な場所はきちんとケアして販売している信頼できそうなショップもあります。どのショップを選ぶかによって、古着に対するイメージは大きく変わりそうですね。

2つ目におすすめの方法は、店舗の返金や返品ルールを確認するという点がありますね。安価な古着ショップでは、返品も返金もなく、購入したけれどやはり気に入らなかった場合には、再度買い取りという扱いとなるケースが多いかもしれません。しかし、新品同様の状態で販売することをモットーとしているショップなら、返品や返金などのルールが設定されていることが多いので安心です。

3つ目におすすめの方法は、ニオイや衛生面が気になる人は、購入するアイテムを選ぶという点です。例えば防止やシャツなどは、肌に直接触れるアイテムなので、人によっては抵抗感があるかもしれません。しかし、肌との間に別のアイテムを挟むジャケットやセーター、ベルトなどのアイテムなら、古着に対してマイナスのイメージを持っている人でも比較的トライしやすいのではないでしょうか。

古着ショップでは、衣類だけを取り扱っているわけではありません。小物やアクセサリー、バッグなどを取り扱っているショップもたくさんあります。もしも肌に触れるアイテムに抵抗があるなら、まずは小さなものから試すという方法も良いかもしれませんね。

4つ目におすすめの方法は、新品では購入しないようなアイテムを意識して選んでみるというものです。例えば、普段はシンプルなファッションを好む人でも、たまに冒険してみたくなることはありますよね。派手な柄のアイテムを着てみたいけれど、何回着るか分からないので新品で購入するのは嫌だなというときには、ぜひ古着で探してみてはいかがでしょうか。古着なら、購入する際の価格がリーズナブルなので、たとえ失敗したとしても、金銭的なダメージを最小限に抑えられるというメリットがありますよね。

5つ目におすすめの方法は、古着を、セール品だと思ってチェックするというものです。古着と言っても、流行がそれほど落ちていないアイテムが販売されていることはありますし、購入価格も新品と比べてとてもお得な価格に設定されていることが多いものです。流行おくれのアイテムを買いたくないなら、たくさんの古着ショップを比較しながら、トレンド最先端のアイテムを古着として取り扱っているようなショップを探すという方法もおすすめです。

それでは、失敗しない古着ショップと出会うためには、どんな点に気を付けたら良いのでしょうか?できることは、たくさんありますよね。

1つ目に気を付けたい点は、店舗を利用する際には、入店したときの店内の香りをチェックするということです。古着に対してマイナスのイメージを持つ人の多くは、「古着ショップは独特のにおいがする」と感じているものです。これは主に、ホコリのにおいであることが多いのですが、そのほかにも服の持ち主の体臭やタバコのにおいが服に残っているケースもあります。

もしも店内のニオイが不快なら、そこで販売されている古着に対する印象も、実際にアイテムを見る前からマイナスになってしまうでしょう。その状態でアイテムを選んでも、イマイチ感が出てしまい、購入したいという気持ちにはならないかもしれません。

信頼できる古着ショップの多くは、取り扱うアイテムの質や衛生状態に細心の注意を払っています。タバコのニオイがしたものをそのまま販売することはありませんし、店内がホコリのニオイで臭いということもありません。店内のニオイは、ショップの信頼度と大きな関係があるといっても過言ではないでしょう。

2つ目に気を付けたい点は、ショップの返金や返品のポリシーをチェックするという点ですね。返金や返品に対応しているショップの多くは、販売しているリユース品の質に自信を持っています。必要な個所を補修したり、染み抜きをしたりして、新品同様の状態にしたうえで販売している所もたくさんあります。そうした手間をかけているショップは、販売されている古着の質も全般的に高いですし、何よりも信頼できますよね。

3つ目に気を付けたい点は、古着ショップと言ってもショップごとに異なるカラーがあることを理解するという点ですね。特定のブランドのみを取り扱っているショップもあれば、おしゃれ感を意識したアイテムのみに厳選しているショップなどもあります。また、リラックス系のアイテムのみとか、普段着として活用したいアイテムのみを取り扱っているショップなどもあります。ショップのコンセプトに賛同できれば、その店に陳列されている古着を見ても、気に入ったアイテムと出会える確率は高まるでしょう。

4つ目に気を付けたい点は、普段あまり古着を利用しない人なら、万が一気に入らなかったり、購入後に気が変わった場合に、どのような対応をしてもらえるかという点をチェックすることですね。返品とか返金として対応してくれるのかどうか、また買い取りという形で査定を受けることになるのかなどは、知っておくと便利です。

もしも利用する古着ショップで買い取り対応をしていない場合には、どこで買い取ってもらえるのかという点についても事前にリサーチしておくと安心感が高くなりますよね。古着は、状態が良かったりブランド品なら買い取ってもらうことができますが、無料での引き取り対応となった場合でも、資源の再利用としてエコに貢献できます。そのため、買い取ってくれるショップが見つからないからと言って、ごみ箱にポイというのは避けたいところですね。

もしも購入した古着をまとめて処分したいけれど、買い取ってもらえるショップが見つからないなら、フリーマーケットなどで販売するという方法もおすすめです。高額販売は難しいかもしれませんが、無料よりもお小遣い稼ぎができるという点で、メリットが期待できるのではないでしょうか。

関連記事:ポストコロナで消費やモノへの意識に変化 中古品購入・使用に抵抗感は昨対比8.4%増加/メルカリ総研

関連記事

  • Tシャツとデニムの簡単アレンジ!古着を楽しむアイデア10選
    Tシャツとデニムの簡単アレンジ!古着を楽しむアイデア10選

    「普通の古着で物足りない」「他の人のファッションとかぶりたくない」というオシャレ上級者の皆さん。古着をアレンジして自分好みにカスタマイズしてみませんか?古着という素材を、自分流に味付けしてみましょう。「ショップで販売しているようなクオ...

  • 大事な服を長持ちする管理法10選
    大事な服を長持ちする管理法10選

    「お気に入りの洋服ほど早く傷んでしまう」「少ない洋服を長く着まわしたい」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。着る回数が多いほど、洗濯の回数が増えますし、型崩れやほつれが多くなります。でも、少しのケアで、洋服の寿命を延ばすことができ...

  • 古着市場の推移から見るエシカルな暮らし~これから(世界、日本)のためにできること
    古着市場の推移から見るエシカルな暮らし~これから(世界、日本)のためにできること

    一昔前には「清潔感がない」「時代遅れ」とマイナスのイメージを持つ人が多かった古着ですが、今、かつてないほど古着市場が白熱しています。たとえば古着のメッカ、アメリカでは古着市場が一般的なアパレル市場に比べて20倍以上伸びています。日本で...

  • プロ直伝!靴(革製品)の手入れ方法
    プロ直伝!靴(革製品)の手入れ方法

    革靴は日ごろのケアが大切。定期的にケアすれば、何年あるいは何十年も履くことができます。革靴(革製品)の手入れ方法を学ぶと、バッグや財布など他の革製品もケアできるようになりますよ。どんなふうにケアすればいいか分からないという初心者さんで...

  • Shopifyの商品一覧で商品名が長すぎる場合に自動で短くする方法。
    Shopifyの商品一覧で商品名が長すぎる場合に自動で短くする方法。

    こんにちは、Furukaitenのシステムスタッフです。当店の店名「Furukaiten」って読みづらいですかね?実は由来は「古着を世の中にもっと循環させたい」という想いから⇒「古着を回転」⇒「ふるかいてん」という流れで決まったらしい...

2022年/5月/15日 — ECstaff

コメントを残す