私たちにとって、ファッションって自己表現の一つですよね。20代の頃のように流行のファッションを追い求めることはなくても、やはり自分らしく輝けるとか、着ていると気分が上がるような洋服を選びたいと思いますよね。

最近は洋服がとても安くなってきているので、色々なものを購入して着まわしてみる、ということも普通にできます。少し余談なのですが、私が大学生の頃、京都で一人暮らしをしておりました。その頃は100円ショップは無かったので、食器や調理用具を購入するのも結構な金額になってしまっていて、一人暮らしの生活が辛いなと思うことが多々ありました。

今でも思い出すのですけど、調理用具の「おたま」を購入しようと思って商店街の金物屋さんに行ったら、そこで一番安い「おたま」が800円だったんです。貧乏な学生生活を送っている私にとって、800円の「おたま」を購入するのはすごく辛かったのですが、ないと困るので、泣き泣き購入したのを覚えています。

今なら、全国どこに行っても100円ショップがあるので、800円出せば、消費税は考えないとして、単純に8個商品を購入できてしまうんですよね。今の学生さん達は、もちろんコロナで親の収入が激減して大変な人が結構いると思いますが、100円ショップがどこにでもあるので、安く日用品を買いそろえることができて羨ましいな、と思ってしまいます。

洋服に関しても同じことが言えて、例えば今はユニクロやGU、しまむらなどがあるから、いくらでも可愛い洋服を手頃な値段で購入できますよね。私が学生の頃は可愛い服は1万円くらいするのが当たり前だったので、洋服を購入するのにかなり吟味して、それから思い切って買ってました(笑)。それくらい、日用品も洋服も高かったような思い出があります。

ちなみに、総務省が公表している「家計調査」を見てみると、衣服1枚あたりの値段は、私が大学生だった頃の1990年では6,848円なのに対し、2019年には3,202円となっており、約30年の間で半分以下の値段になっているんですよ。だから、私の感覚は間違ってないのだと思ってしまいました。今の学生さんは、日用品も洋服も安い値段でたくさん購入できて、良いなと思っていたのです。

しかし、この間、仕事でSDGsについて学んだんです。皆さんご存じの、国連で2015年に採択された「持続可能な開発目標」のことです。SDGsでは17の目標と169のターゲットがあって、それを守ることで、次の世代にこの地球の豊かさを渡していこうという、試みというか、やらなければならない使命という感じのものです。

私はSDGsを初めて見た時、環境破壊をしている企業とか工場が取り組むべき課題だと思っていたのです。だから、自分は関係ないって思っていました。自分は環境破壊をしてないとさえ思っていたんです。

しかし、ファーストファッションが、実は環境破壊を引き起こしているってことを知って、愕然としたんです。私が学生の頃よりも、洋服が安く買えて今の学生さんは羨ましいわと思っていたのですが、消費者のニーズを満たすために大量生産している今のファーストファッションの文化は、環境を破壊することに繋がっていると知りました。皆さんご存じでしたか?

ナイロンやポリエステルで出来たマイクロファイバーは、軽くて丈夫で、防水性などもあるので、色々な洋服に採用されています。しかも安価なので、私たちは手軽にマイクロファイバーで作られた機能性の高い洋服を手に入れることができます。しかし、このマイクロファイバーはとても厄介な代物で、洗濯をするたびに少しずつ、洗濯の排水の中へ流されていきます。

マイクロファイバーはとても細いので、肉眼では見えませんし、下水施設でもあまりの細さにするりと抜け出てしまうので、そのまま海へ排出されてしまうのだそうです!そして、マイクロファイバーを食べた魚介類を口にすることで、私たちの体内にマイクロファイバーがどんどん蓄積されているんです。オーストラリアのニューカッスル大学が公表したデータによると、私たちは毎週、クレジットカード1枚分のプラスチックを食べていることになっているんだそうです!すごくショックですよね!

私たち人間が利便性や経済性を追求したがために、何の罪のない海の生物が被害を受けているなんて、ちょっとありえないと思いませんか?それがブーメランのように、私たち人間の体に返ってきているんですよ。そこで、洗濯の時にマイクロファイバーが流れ出ないように、欧米では色々な対策をしているみたいなんですけど、要はマイクロファイバーをあまり使わないようにすることが大切だと思ってしまいました。

SDGsを勉強していると、やはり目の前に突きつけられてくるのが「脱炭素」です。ファッションとは関係ないと思っていたのですが、実は今、ファッション業界が大量の炭素を排出していて、環境問題となっていることを知りました。

例えば、洋服を大量生産するために機械を動かしますが、それには多くの石油が必要となります。ここでまず、炭素を大量に排出してしまいます。しかも、ファーストファッションの要であるナイロンやポリエステルは石油から作られる繊維ですから、ここでも大量の石油が使われることで、大量の炭素を排出しています。私たちの洋服が1着作られるのに、CO2が約25.5kgも排出されていて、かつ、お水も約2,300Lも使われているんです!すごくショックでした。

洋服を大量に生産するだけで、これだけのCO2を排出して、水を使ってしまうのに、さらに原材料に対しても、水を使っているわけですよね。例えば、洋服の材料となるコットンを栽培するには大量の水が必要となります。また、コットンを安定的に供給しなければならないので、農薬や化学肥料を使うことになりますよね。そうしたら、土壌もどんどん汚染されていくわけです。

知識がない私ですら、なんでこんな状態になったんだろうって愕然としてしまいました。100年くらい前までなら、洋服を作るのにみんな手仕事だっただろうし、原材料も自然のものを使っていたと思います。ですから、CO2の排出量はしれていただろうし、お水を使う量もそれほど多くはなかったのだろうと思います。でも、私たちが安くてファッション性の高い洋服を欲しがったから、こんな事態になったんだなって気が付きました。

ファーストファッションは、大量に作って、大量に運んで、大量に販売します。常に最新のトレンドを意識したデザインにするので、売れないものも当然大量に出てきて、大量に廃棄する羽目になります。デザインは短いサイクルで動かしていくので、どうしても売れ残りが出てきてしまいます。大量生産するからコストが下がるので、私たちは安い服を購入できます。でも、この大量生産、大量消費、大量廃棄の流れが、地球に大きな負担をかけているんです。私はこの事実を知って、ショックを受けてしまいました。なぜなら、冒頭で言ったように、今の学生さんは安い洋服をいっぱい購入できて良いなと思っていたのに、そんな考えが環境破壊に繋がっていると知ったからです。

このような状況を受けて今、脱ファーストファッションの流れが加速してきています。洋服の安さやデザイン性を追求してしまうことで、大量生産、大量消費、大量廃棄の流れを作ってしまうのを止めましょうという意識変化から、消費パターンの変化が起こっているんです。

例えば、1枚の洋服を丁寧に長く着ようとか、洋服を購入する時は古着を選ぼうといった具合です。そうすることで、洋服を大量生産する必要がなくなりますよね。子供はどんどん成長するので、子供服はすぐに着られなくなってしまいます。そんな子供服はおさがりをもらうとか、古着を購入するというお母さんが増えているそうです。私は子供がいないのでそういうことはできませんが、環境意識が高いだけでなく、とても経済的で、素敵だと思いました。

ウエディングドレスとか着物も、そんなに頻繁に着ないので、レンタルで良いのではないかなと思います。私はバツイチなので、もう一度結婚するかわかりませんが、それでもウエディングドレスはレンタルした方が賢いなと思っています。

企業も、ファッション業界が環境に大きな負荷を与えていることを大きな問題と受け止めて、スローファッションに舵を切ったところが増えてきています。例えば、グッチは脱炭素に取り組んでいて、かつ、コレクションにおいては、リサイクルやオーガニックの材料を使うようにしています。アシックスは気候変動、生物多様性、海洋保護の3つの目標を掲げた「ファッション協定」に加盟しています。2021年の段階で国内で加盟しているのはアシックスだけで、2050年までに、CO2の排出量をゼロにすることを目標として掲げているのです。

その他にも、環境を意識した企業は沢山あります。ですから、これからはどの企業が環境に負担をかけない原材料を使っているかとか、環境に配慮した製造方法をしているかなどをチェックしてから商品を選ぶように、みんなの消費行動が変わっていけば良いなと思っています。脱ファーストファッションが難しければ、マイバッグやマイボトルを持ち歩くなどのエシカル消費を意識してやってみることからでも始めてみると良いと思っています。できることから、コツコツと環境を守る行動をしていきましょう!(2022年現在)

関連記事

  • レインウェアの撥水効果を蘇らせる。ニクワックス(NIKWAX)
    レインウェアの撥水効果を蘇らせる。ニクワックス(NIKWAX)

    ニクワックスとは? ニクワックスは株式会社エバニューという国内メーカーの商品です。肉のワックスではありません(笑普通の洗剤や撥水剤では機能性が損なわれてしまうゴアテックスなどの防水浸透性素材のアウター、防水性のあるウェアやギアの撥水効...

  • 大人女性におすすめな古着の選び方☆
    大人女性におすすめな古着の選び方☆

    最近「古着女子」という言葉が流行るほど、ユーズドとかヴィンテージの洋服に注目が集まってきていますよね。古着が持つ独特のデザインやレトロ感が若い人にうけているみたいです。 ですが、ユーズド品が安っぽく感じたり、大人の自分に似合うものがあ...

  • ファッションもサステイナブルに!40代女子のワードローブは古着やリサイクル品を購入しよう!
    ファッションもサステイナブルに!40代女子のワードローブは古着やリサイクル品を購入しよう!

    最近、古着コーデが流行ってきていますよね。古着の中にはほとんど袖を通していないものがあったりして、状態が良いのにお値段が格安ということが結構あるんですよね。賢く良いものを買いたいと思う40代女子にとって、古着はとても魅力的に映りますよ...

  • 40代女性はチェックして!古着コーデをマスターして着回し上手な賢い買い物をする方法
    40代女性はチェックして!古着コーデをマスターして着回し上手な賢い買い物をする方法

    古着というと、悪いイメージを持つ人が多いですよね。汚れているとか、穴が空いているとか、安っぽいとか、色々ネガティブな印象を持つ人が多く、あまり古着に興味を持っていない人が多いです。しかし、良質な古着を見つけて、それをうまくコーディネー...

  • ブランド古着の魅力と注意点
    ブランド古着の魅力と注意点

    憧れのブランドで服を買いたいけれど、お値段がつらいと感じる人は少なくありません。高級ブランドの中には、トレンドに左右されず独自のスタイルをかたくなに貫いているものもあり、そうしたブランドなら流行に関係なく長く楽しむことができますよね。...

2022年/7月/17日 — ECstaff

コメントを残す